2013年06月21日

サプライチェーン・マネジメントを学ぶ事ができるシミュレーションゲーム「ビールゲーム」が気になる

ビールゲームとは、サプライチェーン・マネジメントを学ぶ事ができるシミュレーションゲームだそうです。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院の教授グループが開発したとのこと。
ソース:ビールゲーム - Wikipedia

ゲームは無限に物が生産される工場から、物をいかに効率よく出荷し、在庫を抱えすぎないようにするのが目的です。
どうも4人以上でチームを結成して対戦する模様。
協力ゲームとして面白そうだなあと。

日本語でビールゲームを紹介している動画があり、ボード全体はこんな感じ。
スクリーンショット 2013-06-21 23.12.23.png
youtube:ビールゲームの進め方(mp4版)
この会社はビジネスとして、このゲームを使っているようです。

ざっと見た感じだと、数字等のカウントが大変そうですが、基本はシンプルなゲームですね。
1960年代に作られたものなので、今のボードゲームデザイナーが新たにアレンジしたら、めちゃくちゃ面白いものができそうなあと思ったりしましたヾ(´ー` )ノ

機会があれば1回はプレイしてみたいところ。
posted by アンシィ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ボドゲの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。