2013年06月11日

PIRATES of LIBELTA(パイレーツ・オブ・リベルタ)をプレイした感想とか

※残念ながら、サービス終了しています。

噂のPIRATES of LIBELTA(パイレーツ・オブ・リベルタ)のβ版がリリースしていたのでプレイしてみましたヾ(´ー` )ノ

PIRATES of LIBELTAは、デッキビルド型カードゲームでゲームをプレイしながら場のカードを自分のデッキ(山札)に組み込んでいき、得点を競うゲームです。
いわゆるドミニオン系なのですが、うまく新しい要素を入れていて面白いなと思いましたヽ(´▽`)/〜♪

ドミニオンとの大きな違いとしては、
・1ターンの手札は好きなだけ引けること
・カードを獲得して、引いた手札から1枚捨てること
・デッキから抜く事ができないトラブルカード
でしょうか。
他にも細かい点はいろいろとありますが、この3つが個人的には特徴的かなと思いました。
というのも、この3つの特徴によって、ドミニオンと同じ感覚でプレイできないからです。

個人的にドミニオンはめちゃくちゃ好きですが、あえて欠点を挙げるとすれば、ゲームが長引くような展開(例えば呪いが多いなど)の場合に冗長なゲームになる点です。
PIRATES of LIBELTAでは、上記に加え20ターンでゲーム終了というルールもあり、ゲームが長引くことが少ないと思います。これは個人的にうれしい内容だなあと。
まあ、まだβテストなので今後変わるかもしれませんが。

ゲーム画面はこんな感じ。
スクリーンショット 2013-06-09 10.25.19.png

ホーム画面はこんな感じ。
スクリーンショット 2013-06-09 10.28.53.png

実際に、一度オンライン対戦もしてみましたヾ(´ー` )ノ
スクリーンショット 2013-06-09 18.42.05.png
ずっと先行されていましたが、最後逆転勝利でした。
対戦していただいた方ありがとうございますヽ( ̄▽ ̄)ノ

カードゲームやドミニオンが好きな方はぜひ一度PIRATES of LIBELTA(パイレーツ・オブ・リベルタ)をプレイしていただきたいなあと。
課金は、カードの値段などがどのぐらいかにも寄るかなと。
結局初期デッキのカードを全部揃えたら1万円超えてたみたいになると意味がないので、この辺りの感覚は難しいと思ったり。
まあ、ボードゲームユーザではなくて、トレーディングカードユーザの課金狙いなのかもしれませんね。
posted by アンシィ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボドゲの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。