2013年02月04日

クニツィア先生のボードゲームアプリをまとめてみた

そうなんです!
世界的に有名なボードゲームデザイナーであるライナー・クニツィア先生が来日します!
メビウス20周年記念パーティーへのお誘い

個人的にめっちゃ行きたいのですが、すでに予定がマックス埋まっているので参加できず><
ライナークニツィア氏の講演をWEB配信決定
もあるみたいなので、録画で見ようかなと。参加できる方がうらやましいヾ(´ー` )ノ

そんなわけで、iPhone・iPadでリリースされているクニツィア先生のボードゲームをまとめてみました。
パズルゲームは別途改めて。

Reiner Knizia's Money - Skotos Tech(マネー)
¥250
手札がお金、落札するのものお金というカードゲーム。最後にもっともお金を持っていた人が勝ち。同じものを揃えると点数がアップします。
参考:Money(落札しながら手札を揃えて点数を競うゲーム)- iPhoneカードゲームアプリ



Reiner Knizia's Ra - Codito Development Inc.(ラー)
¥250
クニツィア先生の3大競りゲームの1つと言われている作品。一番の特徴は、競りに使う手札が3枚でオープンなこと。
参考:Ra(エジプトをモチーフにした競りゲーム)- iPhone・iPadゲームアプリ



Reiner Knizia's Tigris & Euphrates - Codito Development Inc.(チグリス・ユーフラテス)
¥450
チグリス・ユーフラテスの文明をテーマにした勢力争いゲームです。徐々に陣地が増えていき、他の勢力とぶつかり始めるとゲームが一気に加速します。
4種類の勝利点コマがあり、その中でもっとも数が少ない勝利点コマで順位を決めるのが特徴。
参考:ゲーム紹介:チグリス・ユーフラテス / Euphrat & Tigris 高円寺0分すごろくや
参考2:iPadでチグリス・ユーフラテスのオンライン対戦をするの巻_1戦目



Reiner Knizia's Battleline - Rational Brothers LLC(バトルライン)
¥250
9つのフラッグを取りあう、対戦側のカードゲームです。
手札の数字カードを場に出しながら、相手よりも高い役(ポーカーのようなもの)を狙っていきます。
参考:Battleline(バトルライン) - iPhone・iPadゲームアプリ



Reiner Knizia's Medici - Codito Development Inc.(メディチ)
¥85
5種類の商品をセリで獲得し、点数を競うゲームです。商品を一番多く獲得していると、追加で点数がもらえます。また、高得点の財宝もあります。
クニツィア先生の3大競りゲームの1つと言われている作品。
参考:Medici(積み荷競り落としゲーム)- iPhone・iPadボードゲームアプリ

・iPad版
Reiner Knizia's Medici HD - Codito Development Inc.


Reiner Knizia's Keltis Oracle - Tribeflame(ケルト・オラクル)
¥250
スゴロク的なKeltis(ケルト)です。Keltisの場合、色ごとにボードのマスが分かれていましたが、ケルトオラクルはそのマスが1つになります。
参考:Keltis Oracle(ケルトオラクル)- iPhone・iPadアプリ




Reiner Knizia's Kingdoms - Skotos Tech(キングダム)
¥350
5×5のマスにチップを配置し、得点を競うボードゲームです。「市場のお店」のリメイク作品です。
参考:Kingdoms(キングダム) - iPhone・iPadアプリ



Reiner Knizia's Samurai - Conlan Rios(サムライ)
¥450
日本をテーマとした3種類のシンボルを奪い合いう陣取りゲームです。
参考:Samurai(日本がテーマの陣取りゲーム)- iPhone・iPadボードゲームアプリ



Reiner Knizia's High Society - Skotos Tech(ハイソサエティ)
¥250
「1,2,3,4,6,8,10,12,15,20,25」の手札をやりくりしながら、場の点数カードを落札していくセリゲームです。場のカードは、勝利点カードやマイナスカードなどがあります。
参考:High Society(ハイソサエティ:お金を残さなければ勝てない競りゲーム)- iPhoneカードゲームアプリ



Reiner Knizia's Modern Art: The Card Game - Skotos Tech(モダンアートカードゲーム)
¥250
クニツィア先生の3大競りゲームの1つと言われている作品「モダンアート」のカードゲーム。
参考:Modern Art: The Card Game(モダンアート:カードゲーム) - iPhoneアプリ

・モダンアート:カードゲームの絵柄に有名な絵画を使ったバージョン
Reiner Knizia's Masters Gallery - Skotos Tech(マスターギャラリー)



Reiner Knizia's Robot Master - Conlan Rios(ロボットマスター)
¥85
5×5のマスに、数字のカード(0-6)を配置していき、もっとも点数が低い列を持っているプレイーヤーが負けというゲームです。
参考:Robot Master(ロボットマスター)- iPhoneボードゲームアプリ



インジーニアス - Ingenious - USM(インジーニアス:頭脳絶好調)
¥170
盤上にコマを配置しながら、点数を競うゲームです。6種類の色の点数をバランス良く取りながら、相手の弱点をついていきます。
参考:Ingenious(マス埋めボードゲーム)- iPhone・iPadアプリ

・iPad版
インジーニアス - Ingenious for iPad - USM


Lost Cities - TheCodingMonkeys(ロストシティ)
手札のカードを場に出していきながら、総得点を競うボードゲームです。2人用で、コンピュータ戦とオンライン対戦あり。
参考:プレイしすぎに注意、Lost Cities(ロストシティ)が値下げ模様



Keltis - USM(ケルト)
¥170
自分の手札をうまく場に出しながら、コマを進め、点数を競うゲームです。
出すカードは連番になっていて、かつ、昇降に沿って出す必要があります。
Reiner Knizia( ライナークニツィア)初のドイツゲーム大賞受賞作。
参考:Keltis(ケルト) - iPhone・iPadボーゲームアプリ

・iPad版
Keltis HD - USM


Reiner Knizia's Through the Desert HD - Tribeflame(砂漠を越えて)
¥250
ラクダのコマを繋げて、点数を競うゲームです。
参考:Through the Desert(砂漠を越えて:ラクダのコマを繋げて、点数を競うゲーム)- iPhone・iPadボードゲームアプリ



Reiner Knizia's Knights of Charlemagne - Conlan Rios(シャルルマーニュの騎士)
¥170
10個の領地を奪い合う対戦カードゲームです。
参考:Knights of Charlemagne(バトルライン的な対戦カードゲーム) - iPhoneカードゲームアプリ



Reiner Knizia's En Garde(アンギャルド)
※現在、appstoreにありません。
¥350
フェンシングをテーマとしたボードゲームです。
参考:En Garde(フェンシングボードゲーム) - iPhoneアプリ



FiTS by Reiner Knizia - Ravensburger Digital GmbH(フィット)
¥170
ブロックを積み上げながら点数を競うゲームです。
参考:FiTS(テトリス的パズルボードゲーム) - iPhone・iPadアプリ



Whoowasit? - Ravensburger Digital GmbH(誰だったでしょう?)
2008年のドイツ年間キッズゲーム大賞の「誰だったでしょう?(Wer war’s)」のiPhoneアプリです。
動物たちにヒントをもらいながら取られてしまった指輪を探すゲームです。
言語依存高め。
参考:Whoowasit?(誰だったでしょう?) - iPhone・iPadボードゲームアプリ

・iPad版
Whoowasit? HD - Ravensburger Digital GmbH


Reiner Knizia's Qin - DevPocket Inc.(秦)
¥450
チグリスユーフラテスを軽くしたような陣取りゲームです。iPad専用。
posted by アンシィ at 21:39| Comment(4) | TrackBack(0) | アイデア・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お薦めも教えていただければ、助かります
Posted by at 2013年02月05日 08:03
コメントありがとうございます!

iPhone・iPadアプリで、個人的に面白かったベスト3は、
1)Lost Cities(ロストシティ)
2)Tigris & Euphrates(チグリス・ユーフラテス)
3)Battleline(バトルライン)
ですヾ(´ー` )ノ

ロストシティはオンライン対戦がマッチングしやすいので、連続プレイしやすいです。
チグリス・ユーフラテスやバトルラインは友人とオンライン対戦して、楽しみましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

次点で、
Ingenious(インジーニアス:頭脳絶好調)
ですかねぇ。
Medici(メディチ)やRa(ラー)、Keltis(ケルト)もなかなか面白いです。
Posted by ボードゲームラブ at 2013年02月10日 22:36
初めまして。
意外にいっぱい買ってたw
私もLost cities オススメです。
Posted by knasob at 2013年02月10日 23:10
>knasobさん
コメントありがとうございます!
私は全部持ってますヾ(´ー` )ノ
買い過ぎですねorz
Posted by ボードゲームラブ at 2013年02月11日 11:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。